エステの事故について

エステにおける死亡事故は皆無だとは思いますが、エステにおける重篤な事故・副作用などが多数報告されています。例えば、脱毛エステにおける事故では、皮膚の火傷などがあります。

脱毛とは毛根を熱照射(光照射)によって施術を行いますので、出力を間違えれば、人体の皮膚にもダメージを与えてしまいます。

特に、毛根が太く色素がより太い方でしたら、通常よりもレーザーの出力を上げないと治療の効果は望めません。

他にも、皮膚が弱い方でしたら、普通の人が耐えられるレーザーでも火傷になってしまいます。他には、アレルギーの問題もあります。



天然成分の薬効を使用したマッサージは非常に多いですが、その薬草でアレルゲン反応を引き起こす方もいるかもしれません。天然素材は化学薬品よりも安全と考えられていますが、中にはその人にとって有害な毒素となりうる成分のものを使っている恐れもあるのです。



こうした報告のほとんどが「施術者の知識・技術が未熟だから」とされています。逆に言えば、施術者がベテランであるならば、こんな事故は起こりません。
ベテランであるからこそ、不可能な施術は行わないとも考えられます。

ベテランであるからこそ、不確かな天然素材は使わないとも捉えられます。



みなさんも、可能な限り施術者の腕前が確かなエステに通うようにしてください。